〒324-0241 栃木県大田原市黒羽向町8 診療科目:内科・消化器科 診療時間: 9:00~12:00(日曜休診)14:00~18:00(水・土・日曜休診)Tel 0287-54-0020 FAX 0287-54-2450
 

当院の内視鏡設備

  • ・当院の内視鏡設備
  • ・当院の検査設備
  • ・エコな取り組み
  • ・磯医院を支える人たち

磯医院の歴史

院長の秘宝館

院長の秘宝館

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査

【光源ユニット】
EVIS LUCERA ELITE CLV-290(オリンパス社製)
【ビデオシステムセンサー】
EVIS LUCERA ELITE CV-290(オリンパス社製)
【LCDモニター】
OEV261H(オリンパス社製)
【ファイバー】
経鼻内視鏡(GIF-XP290N/オリンパス社製)
経口内視鏡(GIF-H260/オリンパス社製)
拡大内視鏡(GIF-H290Z/オリンパス社製)

当院ではハイビジョン内視鏡・経鼻内視鏡・拡大内視鏡の3本を保有し、狭小域光観察/NBI(Narrow Band Imaging)にて検査を施行している。
NBIは通常光観察では見えにくい微細な病変を光の力でわかりやすく照らし出す画期的システムで、通常の内視鏡観察に比べ早期での悪性疾患の発見に極めて有効である。
当院では検査方法で患者のニーズに応えるとともに、有病者や内視鏡治療後の追跡検査の際にはNBI拡大内視鏡を用い、内視鏡医としてより正確な内視鏡診断を目指し日々努力している。

NBIの原理

NBIの原理

拡大図は≫こちら

NBIの症例写真

粘膜表層の血管の走行状態を描出するNBI

通常、内視鏡光源からは、粘膜組織を自然な色で再現するために広いスペクトル幅を持つ光が照射されます。一方で、この広いスペクトル幅という特徴は、診断に重要な粘膜表層の血管構造やピットパターンと呼ばれる微細模様などのコントラストを低下させる原因になっていました。NBIは、粘膜組織や血中のヘモグロビンの光学特性に最適化したスペクトル幅の狭い光(狭帯域光)を使うことにより、診断に関連する画像特徴のコントラストを向上させ、高い描写能力で表示します。

色素内視鏡に近い強調画像をワンタッチで

NBIでは、色素内視鏡に似たピットパターン強調画像を得ることができます。
NBIは光学的な画像強調技術であるため、粘液の影響も受けにくく、色素散布の手間も要りません。ボタンひとつで、いつでもNBIに切替えられ、高いコントラストの画像を観察できます。

超音波検査

超音波検査

 

Aplio 300(東芝メディカルシステム社製)

腹部全般に加え、甲状腺・頸動脈・前立腺・婦人科系の精査

内視鏡洗浄機

内視鏡洗浄機

ESPAL-III(精研社製)

http://www.kk-seiken.co.jp/

PAGE TOPへ